整体師の技術

【ボキボキする整体は大丈夫?】瞬間圧「アジャストメント」について

こんにちは。サラリーマン整体師です。

整体と言えば、「痛そう。バキバキしそう」そんなイメージがあるかと思います。

私も整体師になる前に「整体ってバキバキするイメージで怖そう」そんなイメージがありました。

ボキボキする整体の手技は危険な手技ですが、理解と技術があれば有効な手技です。

バキバキ、ボキボキする手技はしっかりと知識と実務経験があれば有効な手技です。

知識と適切に行えば大丈夫ですが、知識不足で行う場合はやめた方がいいです。問題のある関節を適切に動かすことが目的です。

音を鳴らす目的で行うことは絶対にやめましょう。

音を鳴らす目的はNGです。

そもそもなぜボキボキと音がなるのか?

なぜ、アジャストメントでボキボキと音が鳴るのかですが、骨がボキボキとなっているわけではありません。

「クラッキング」関節包内の気泡がはじける音です。

骨と骨の間には関節があります。その関節には動きを滑らかにするために関節液と呼ばれるものが入っています。関節を曲げる際にその気泡がはじけることでボキボキと音がなります。これがボキボキの正体です。

ボキボキする手技の注意点

ボキボキする整体での手技で注意点があります。

手技にもよりますが、頚椎のアジャスト(ボキボキする手技)は特に注意が必要です。

頚椎のアジャスト(サービカルブレイク)と言いますが、首には大事な体の部品が集まっています。神経に血管などヘタすると痛めてしまう恐れがあります。特に高齢の方、頚椎症やヘルニアといった怪我、病気があると危険です

最後に

いかがでしたか。

ボキボキすることが悪いわけではありませんが、適切にしっかりと行う先生であれば安全性が高いです。

ですが、ボキボキしなくても同じ効果が得られる手技はたくさんあります。整体の中でも一番は安全性が優先度が一番大事です。

-整体師の技術